音楽とIT(4.お金?)

新しい楽器を買った時に「腕の無さは金で解決」って自嘲的に言ったりしますが、実はある程度レベルの楽器を持つことと、表現が豊かになることとの相関関係はあると思っています。大学時代の大半をその借金返済にあてた、私のFenderギターはその代表かも。もちろん、むやみにお金だけかけて練習しないと本末転倒ですが。

ITの世界も同じだと思います。幾つかの実例を挙げてみましょう。
1.速くて丈夫なパソコン:
 動きが滑らかだと、思考が止まりませんし、トラブルも少なくなります。さらに丈夫だと「長く使えて、パソコンの更新回数が減る」という大きなメリットもあります。パソコン移行ってとても非効率な作業。最近のパソコンだと大体5年程は使い続けたいですね。

2.有料アプリ:
 無料アプリでも素晴らしいものは多数ありますが、一度くらいは「少しお金を払ってみる」というのもスキルアップになるかも。
・実は広告窓が邪魔で操作をミスしたことってありませんか? 
・よく本や動画で紹介されている「あの」有料アプリって興味無いですか?
まぁ、合う合わないはあるので、暫く使って駄目なら諦められる程度のものから試しましょう。

3.外部講習会や外部への開発依頼:
 使い方をきちんと学ぶって大事だし、先生は試行錯誤を重ねた結果からベストな使い方を探し講習資料やアプリを作っています。短時間で、そのレベルに行くには、これが何よりの近道かもです。音楽もそうですが、間近でみると素早く身につくんですね。これが

まぁ、「金だけで解決」できない課題の方が多いのも事実ですが