きっかけとプロフィール


2015年、ご縁を頂いてファンドレイジング・ジャパン2015に参加しました。
そこで東京ではソーシャルビジネス団体を中心に事業展開されているシステム屋さんが居ることを知りました。ただ、中部圏ではまだ少し先かもの実感。
今から少しづつでも、ITを業とする人(会社)の輩出と、団体側もシステムにお金を出す考えの浸透が必要。
その意識変革・人材育成のお手伝いくらいなら、私にもできるかとこの塾を始めてみました。

今年は、そうした可能性を探るために3つの活動を行います。
・私自身の諸活動を汎化し、定期的な勉強会開催で伝える
・ITビジネスを業とされたい人・団体と情報の共有を図る
・団体のご支援を、個別・実験的に行う

あいちアイティ塾 代表 林 雅樹 プロフィール
林 雅樹
関西学院大学・商学部を卒業し、機械メーカーで人事・労務を10年間担当。その間に社会保険労務士試験に合格するも、税理士試験は挑戦まで。
ただ、給与計算や労務費予測で使ったコンピュータに興味を持ち、情報処理資格を取った後に外資系コンピュータ会社に転職。
以来、30年弱を技術者として大型計算機からパソコンまで幅広く担当。転勤で移った名古屋もすでに四半世紀を超える。
21世紀に入り会社の勧めもあって、仕事の傍らボランティア活動を始め、2011年に従事したプロボノでNPOの活動を知る。
東日本大震災の影響もあり定年退職後はこれまでの仕事で得た、コンピュータスキル・プロジェクト管理・人事労務管理などで複数の団体をご支援中。